>

良いホテルの見分け方

この記事をシェアする

口コミをみてみよう

各社旅行サイトではホテルの口コミを見ることができます。
星や点数で評価がされていて、サービス、部屋の様子、食事など投稿者によって内容は変わりますが、ホテルが掲載している情報とは違って客の目線からの感想を読むことが出来ます。

この時に気をつけたいのが、言葉をそのまま鵜吞みにしないことです。
例えば、最高級ホテルで宿泊代もかなり高いところで、部屋の掃除が中途半端だったり、アメニティが少ないとなるとマイナスポイントになっても仕方ないかもしれません。
しかし、格安ホテルで、オープンしてから数十年経っているホテルで部屋の壁紙が汚れている、アメニティが少ないと言うのは少し的外れなように感じます。

口コミを見る時は、ホテルのプランの価格や、ホテルのグレードも意識して読むようにしましょう。

ホテルの情報から推測する

口コミ以外でも参考にできることが、オープンしてまたはリニューアルして何年かということです。
新しいホテルはやはり清潔感があり、壁紙やお風呂など綺麗です。
また、新しいホテルの方がエレベーターも広いことも多いのでフロントからの移動もしやすいです。
この時にリニューアルという言葉には気をつけないといけないです。
全館リニューアルの時もありますが、一部リニューアルという時もあり、その一部がロビーやエレベーターということもあります。

もう1つ参考になるのが、デュベスタイルのホテルです。
デュベスタイルというのはベッドメイキングの1つの方法で、ここ数年でオープンかリニューアルしたホテルで採用されています。
布団をシーツを包むスタイルで、シーツは毎回新しくしていれば清潔が保ちやすいベッドメイキングです。